本文へスキップ

医療法人康雄会 兵庫県神戸市灘区鶴甲1丁目 介護老人保健施設 入所・ショートステイ・デイケア














介護老人保健施設 すばる六甲は、インターナショナルシティ神戸にふさわしい神戸大学国際文化学部の東隣に位置しております。施設の南西には大学の運動場があり、アメフト、サッカー、ラクロス、ソフトボール、フラッグボール(子供たちのフットボール)など、いつも何かのスポーツが行われていて、若い人たちの声が聞こえます。すぐ西には、大学のアーチェリー部射場や、空手、柔道、剣道など武道専用の体育館もあって、学生たちの練習や試合風景を見ることができます。





当施設は、県内でも珍しい全室個室のユニット型老健です。
従来の集団生活とは一味異なるユニットケアでは、個室に加えて10人単位の生活空間を整備。利用者それぞれの個性や生活スタイルを大切にするように努力しています。
個室がお一人お一人にとって、住み心地の良い空間であるように配慮、介護やリハビリテーションはもちろん、食事にも大いに工夫を凝らして利用者に健やかな老後をお送りいただけるようにしています。

3ヶ月毎に医師をはじめとする専門家が検討会を開いて、その後のケア計画や退所方針などを見直していることは従来の老健と変わりません。   





入所される方の中には、回復の見込みのない病気を患っておいでだったり、入所後発症されるケースがあります。そんな時、医師を含む施設の専門スタッフがご本人やご家族とじっくり話し合って施設での看取りをご紹介することがあります。ご家族もご本人も、看取りを決心するのは大変力のいることで、専門家のアドバイスと十分なケアが必要です。施設では、終末期医療で評価の高い関本クリニックの関本剛先生を非常勤医師として招聘しています。





誰しも高齢になれば物忘れをしがちになり、いわゆるボケが始まります。専門の医師による診断で認知症の原因を探り、それぞれの病因に合ったケアを組み立てて対応いたします。
神戸大学病院神経内科の鷲田和夫先生を施設の非常勤医師をしてお迎えしているのはそのためです。





鶴甲1丁目を起点として近隣を見まわしますと、北は六甲ケーブル下の方に伸びる鶴甲、高羽経由楠町に向かうに南方向、高羽から篠原北町方面への西方向、更にはそれらを取り巻く東灘区の一部、国道43号線に向かっての南方向・・・
六甲の斜面は変化に富んだ街並みと風景を見せてくれます。そこにお住いの方々も様々な個性をお持ちですし、それぞれに歴史を背負っていらっしゃることが伺えます。
そのような方々が時折集まり、コーヒーやお茶を飲みながら

語い合っていただければどんなに幸せなことでしょう。
折角施設ができましたので、ご近所の方々には集いの場としてご利用いただけるように企画致します。例えば「認知症カフェ」で月例のコンサートを開くとか、肩の凝らない勉強会で不安を安心に変えていただくとか、夢は膨らみます。
また、私たちはお年寄りやそのご家族とお一人お一人きちんと向かい合えるようなスタッフであるべく勉強会や研修参加を通して研鑽に励んでおります。




「地域包括ケア病棟」という病院の制度が出来たので、地域包括ケアの意味が狭くなったような気がしますが、私たちは地域の社会遺産としての医療・療養・介護・システムがそれぞれ個別のニーズに合わせて効率的に利用され、お年寄りが尊厳をもって必要な介護サービスを受け、健康な生活を送っていただけることが「地域包括ケア」だと考えています。
その中で、すばる六甲は他の施設、機関と連携を取りながら老健施設としての役割を果たしていきます。
 

サービス提供を施設内にとどめることなく、在宅分野にも発展させることは、利用者にもご家族にも望ましいことですので、在宅(訪問)介護、在宅(訪問)看護、在宅(訪問)リハビリテーションの提供を視野に入れて運営しております。




医療と介護の境目を制度で決めることはできても、介護や医療の現場での線引きは困難です。
両方の視座とスキルを持つチームがいれば、地域の方々にとって便利だと思っています。
いわゆる地域包括ケアの中心に位置して、医療機関や他の施設と協力して高齢者のお世話をさせていただくためには、医師を確保して「在宅医療」にも貢献することが必要になるでしょう。





















ご利用前を検討されている方のための施設見学を受け付けております。ご希望の方は、お気軽にお問い合わせ下さい。



当施設の活動ややイベント情報など、ご利用者様・ご家族様・地域の皆様のお役に立てるような情報を発信していきます。



当施設の管理栄養士が、栄養面を考慮しつつ、見た目にも楽しめるメニューを提供致します。



季節ごとに工夫を凝らした催し物を企画。スタッフと利用者様が一緒になって楽しんでます。